賃貸の審査項目とは

賃貸住宅を借りる時には、入居審査があります。入居審査では家賃の支払い能力があるのかを主に見ていきます。そこで、賃貸住宅の入居審査項目についてこれからお話します。賃貸住宅を借りる事を検討している人は参考にしてくださいね。

賃貸住宅の保証会社とは

賃貸住宅を借りる時には、初めに入居審査を行います。もし、この入居審査で保証人を準備出来ない場合は、保証会社を利用します。これから保証会社についての詳細をお話するので、保証会社の利用を検討している人はぜひ参考にしてくれると幸いです。

保証人の収入が重要

保証人も入居審査の対象になる

賃貸住宅を借りる場合は、入居審査をクリアしなければいけないですが自分自身の収入や勤務年数だけが審査の対象ではないです。入居審査の場合は、保証人を準備しなければいけないことが多く、その場合は保証人の収入なども審査の対象になる事を知っておく必要があります。つまり、誰を保証人にするかで審査に大きく響くという事です。いくら自分の収入などが審査基準をクリアしている状態でも、保証人の収入が少なかったり、勤務年数が短い場合は審査に落ちる事もあります。 そこで、収入が比較的多く、今働いている職場の勤務年数が長い人を保証人にしていく事が重要です。また、友達よりも親族を保証人にする方が若干印象が良くなるので、親族の中から保証人に相応しい人を選択します。

ボーナスの支給がポイント

賃貸住宅を借りる時には保証人を誰にするのかを慎重に考える必要があります。そこで、仕事でボーナスをもらっている人を保証人にするのも1つの方法です。まとまったボーナスを年2回ぐらいもらっている人は、結果的に年収が多くなります。入居審査においても、ボーナスが支給されているのとボーナスがないとでは評価が違ってくるので、ボーナスがある人を保証人にする方が有利になります。当然、ボーナスをもらっているだけでなくて、月収も高い人が一番保証人として高い評価をもらう事が出来ます。 保証人の年収が高い場合は、自分の収入が少ない場合でも入居審査に通る事は多いです。公務員や大手企業だとボーナスの支給が多い傾向があるので、保証人として最適になります。